INTERVIEW

与えてもらった分、
周りに影響を与える人に
なりたいです。

通信事業SPスタッフ 北海道OP
section2

小原麗生

2018年度新卒入社

—入社した経緯を教えてください。

入社前は映像系の専門学校に通いながら就職活動を行っていました。
映像系の仕事に就きたいという思いは強くなかったのですが、広告の業務志望で会社を探している時にBWROKSを見つけました。
当時の自分が、まさにBWORKSの募集方針である「何かやる気をぶつけるものが欲しいけど、それが何なのかわからない」という状態だったので話を聞きに行ったのが応募のきっかけになったと思います。

就活中、BWORKSのインターンでキャンペーンスタッフの仕事をした時に、映像クリエイターとして毎日デスクに向かって作業をするよりも、営業の業務で様々な人と話すことの方が自分は楽しむことができると感じました。
そして、BWORKSの社員さん一人一人が、仕事に対して非常に高い意識を持ち、楽しそうに取り組んでいたことがとても印象的でした。
この営業業務の楽しさと社員さんの意識の高さに憧れて、自分もこの会社の一員になりたいと思い、正式に入社希望のエントリーをさせていただきました。

内定をいただいた時は、本当に嬉しかったです。

ー現在のポジション・日々の業務について教えてください。

現在は、通信事業の販売・接客・契約作業などを行っています。
様々な方とお話しする機会があり、その方に合わせた話し方や対応力が必要な業務です。
接客における対応力や接客スキルを磨くことにやりがいを感じています。

ーBWORKSに入社して成長したと感じますか?

身の回りに対する気遣いが当たり前に行えるようになったことに成長を感じています。
入社当初は業務で成果を出すこともできず、自分には向いていないのではないかと落ち込むこともよくありましたが、毎日の反省と試行錯誤や周りの人との相談の繰り返しによって、今は自信を持って業務を行うことができていると思います。
仕事に対する「責任感」や人と話す際の「言葉遣い」のような社会人マナーについても同じようにして、意識を高めることで自分の中で「当たり前」のことにすることができました。

ー今後の展望をぜひ教えてください。

短期的な目標としては、管理業務に就いて新人の育成やマネジメントを行っていきたいです。

自分自身がこの一年で仕事に対する意識や考え方についての基盤を与えてもらったので、同じように周りの人に影響を与えることができる人になりたいです。
長期的な目標は、札幌の所長になることです。

様々な事業・業務に関わって、BWORKSにとって絶対に欠かせない存在になりたいと思っています。
そのためにはどんな場所でも評価を獲得する能力、自分の考えを言語化して伝える能力が必要だと思っています。

目標に向かって日々の業務や勉強をしていきたいです!