INTERVIEW

アルバイトから正社員へ。
就職活動を経てBWORKSに入社を決めました。

通信事業SPスタッフ 中央OP
Team Leader

土屋柾貴

2018年度新卒入社

—BWORKSに入社した経緯を教えてください。

友人の紹介で、大学生の時からBWORKSでアルバイトをしていました。その紹介してくれた友達はディレクターとして働いていて、私はキャンペーンスタッフからスタートしました。友人と一緒に働けたので、ただただ楽しく感じていました。段々と仕事も覚えてきて、お店の力に自分がなれているという実感も湧いてくると、「この仕事のやりがい」を感じるように変わって行きました。

—アルバイトではどのようにして「お店の力になれた」と感じたのですか?

ディレクターという立場になるとお給料が上がると聞いていたので、勉強会に何回も参加して勉強して、2ヶ月でディレクターになりました(笑)。
商品知識もたくさん付けたので、お客様とかなり深い内容の話ができるようになり、店舗の実績にも貢献している実感が湧くようになりました。
勉強会の時に教えてくれたBWORKSの社員さんの教えてくれる内容が楽しくて、この仕事に夢中になるきっかけになりました。

—BWORKSでのアルバイトが入社のきっかけだったのですね!と言うことは就職活動はしましたか?

就職活動はしました!他社から内定もいただいておりました。当時は東京で働きたくて東京の会社から内定をいただいていましたが、東京の生活はキツそうで札幌で働こうかなと考えていた時に、BWORKSの社長とアルバイト時代に何度かお話しして「ここで働いてみたいな」という気持ちが大きくなりました。将来的には北海道を出て、BWORKSの支社や新しいエリアでの立ち上げなども関わってみたいですね。

—では現在のBWORKSのポジションと日々の業務を教えて下さい。

現在は、通信事業部の中の一つのチームに所属しています。日々先輩と一緒に現場に入りながら営業しています。アルバイト時代と違って、実績をしっかり追うようになりました。結果が出た時が一番やりがいを感じますが、数字を出せなかった時はかなり落ち込みます。まだ研修中の身分ですが、取れないのは当たり前と思っていては成長しないので、早く先輩たちに追いつこうと頑張っています!

—ではBWORKSのいいところを教えてください!就職活動をしていたということなので、他社さんと比べて違いを感じることはありましたか?

就職活動をしていたときは、「社内の風通しがいいので自分の意見が反映されやすい」というフレーズをよく耳にしていましたが、BWORKSの風通しの良さは一番だと思います!
BWORKSにはいろんな事業部がありますが、事業部間の風通しもいいんですよね。オフィス内で各々仕事をしているので、いつでも他部署の人の話を聞けるっていうのが、魅力だと思います。今の業務だけではなくて視野が広がって、他の事業部にも挑戦して見たいという気持ちも生まれるので、触れる環境があるというのがいいですね。

—では社内の人間関係などはどう感じていますか?

人間関係はとてもいいです。アルバイトの頃から、会社でアルバイトも社員も交えた飲み会などで話す機会が全員とあるんですよ。そこで皆さんフラットに接してくださるなと感じました。自分が所属しているチームも、皆さんとても面白いのですが、チームワークもしっかり取れていて連携がとれています。やるときはきちんと真面目に切り替わる人たちばかりです。

—BWORKSに入って成長したと感じたことはありますか?

自分の意識が変わったと思います。気持ちがビシッとなりました。実は、BWORKSの前に居酒屋のアルバイトしていた時は、棒読みで挨拶をするようなやる気のない大学生でした。しかしBWORKSでアルバイトするようになってから、スーツ着用だし遅刻も絶対に許されない、きちんとした態度が求められるんです。いつのまにか、その「きちんとした態度」に慣れてきて、それが当たり前になってきた自分が好きになりました。確実にBWORKSに出会う前の自分とは違うので、成長したと感じます。

—そんな大学生だった時があるとは感じられないので意外です…!では今後の展望も教えてください!

先程も話に出てきましたが、将来的には北海道を出て、BWORKSの全国展開の戦力になりたいです。そのためにも、今の業務を早くしっかりこなせるようにならなければいけないので頑張り時だと思っています。