INTERVIEW

BWORKSは様々な経験が
できる環境です。

通信事業SPスタッフ 中央OP
section2

高岡知之

2016年度中途入社

—入社した経緯を教えてください。

入社前は「ビジネス交流会」という団体の運営の手伝いをしていました。
その交流会で、BWORKSの社長と知り合ったのが始まりですね。
当時の僕は、様々な仕事を経験してみたい気持ちがありました。
その中で、宮澤社長にBWORKSの仕事を紹介していただいて、徐々にBWORKSで働く時間が増えていき社員という形になった経緯になります。
短期間で様々な業務の経験ができるのが、僕にはとても居心地が良かったです。

—では、現在のポジション・日々の業務内容について教えてください。またやりがいや魅力についても教えてください。

現在は、通信部門の中のsection2に所属し、現場常勤スタッフの業務をしております。
現在に至るまで、入社してから通信に関する様々な業務を経験させていただいて、一つ一つが刺激になっています。
現在の業務の魅力ややりがい、というより、刺激になるこの環境が魅力的ですね。
異動の要望も実績や結果が伴っていれば、通ることが多いですし、BWORKSがクライアントやお客様からの信頼が厚いから要望が通せるので
いい会社に所属できているんだなと感じることが多々あります。

—ほかの職場経験と比べてBWORKSと他社の違いを感じたことはありますか?

BWORKSのいいところは、成果が出るようにきちんとまっすぐ進んでいるところです。
成果が出るために無駄なことはしないのがBWORKSらしさだと僕は思います。
例えば必要性のない会議は行わないですし、形式的な上下関係もあまりありません。
そして必要がある会議や研修は、みんながやる気を持って必要性を感じて参加します。
成果を出すために直結することしかしない、シンプルで余計な慣習がないのは、BWORKSならではです。

社内イベントが多いところもBWORKSのいいところです!
社内の人間関係や雰囲気がいいので、社内イベントも毎回楽しいです。
変なしがらみがなく、派閥などもなくて
いろんな人が集まっていますが、ウェルカムな感じで馴染みやすい雰囲気だと思います。

—BWORKSに入社して成長したと感じますか?

成長とはまた違った意味合いになるかもしれませんが…
自分のストロングポイント・ウィークポイントがわかるようになって来ましたね。
自分の苦手な部分は人前で発表することだったり、会議をまとめたりすることである一方で
得意なことは、とりあえず怖じけずにやってみるということです。
どんな現場に行っても何かしらアクションを起こしてみて、考えながら試行錯誤をして
地道にブラッシュアップしていくというやり方で評価をいただいてきました。
こんな風に、ストロングポイント・ウィークポイントが分かるようになってきたのは
様々な業務を経験したからこそだと思います。
ウィークポイントを補うためにも持ち前の「怖じけずにとりあえずやってみる」でこれからも様々な業務に携わっていきたいです。

—今後の展望をぜひ教えてください!

遠くの未来を見たときは、通信以外のスキルも身につけられたらいいなと思っています。
短期的な目標は、今の現場でトップになってスタッフをまとめられるようになりたいと考えています。
まずは直近の業務で着実にステップアップをしていきたいです。
そのために心がけていることは、とにかく正しいことをすることを意識しています。
コンプライアンスを意識して、間違っていることに対して結果を持って正しさに導けるくらいの実力をつけようと思っています。